ホーム > 各部署の紹介・リハビリテーション科

各部署の紹介

リハビリテーション科

 皆様、普段の生活の中で、不自由なことはないですか?
節々が痛くて困ることはないですか?

 当リハビリテーション科では、医師の指示のもと、脳梗塞や骨折・変形性関節症・腰痛などに対して、その患者様に合わせた物理療法・運動療法を実施させていただいてます。

リハビリテーションとは、何らかの疾患や事故により受けた障害に対して、物理療法・運動療法・徒手療法などを組み合わせて行い、症状の改善を図ることを目的としています。

また、自宅でできる肩こりや腰痛の体操指導なども行っていますので、お気軽にスタッフまでお問い合わせください。

 

スタッフ

 

 

運動器リハビリテーション医  1人
理学療法士(常勤)    2人
       (非常勤)    2人  

施設基準

 

 

脳血管系疾患等リハビリテーション(II)
運動器リハビリテーション(II)
呼吸器リハビリテーション(II)


※運動器リハビリテーション医とは、運動器(体を動かす仕組みのことで、骨、関節、筋肉、腱、神経など体を支えたり動かしたりする器官の総称)の疾患のリハビリテーションについて研鑽を積み、多くの患者さんの診療をして十分な知識を持つ医師です。

 治療風景

  

 

外来の方や、入院している方に、リハビリ室や病室で行います。
日常生活で必要な「起き上がる」「立つ」「歩く」などの基本的動作の回復から、弱くなった筋力の強化、痛みの軽減など幅広く行っています。

 

   常勤スタッフ                  非常勤スタッフ  吉備国際大学 准教授2人

 

お気軽に覗いてみてくださいね。

このページの先頭へ